茶の間でおま。

本とかテレビとかTHE RAMPAGEとか。

2022年9月号

・観た映画

「ブレット・トレイン」
ブラピの新作映画観ましたー。なんでR15なのかなとかおもたらわりと死ぬシーンがグロくて、あ、そっちのR指定ね...ってなったんだけど、理由がエロなのかグロなのか書いといてほしい...グロ苦手なので...トンチキニッポンは嫌いじゃないのですごく楽しめたけど、なるほどサイバーパンクニッポンは「AKIRA」のイメージなのかもと聞いて納得した。たぶん伊坂さんの原作をそのまま映像にしてしまうときっととてもたいくつなものになったであろうから(伊坂さんのおもしろさはそこではないとおもうので)こういう景気のいいハリウッド映画になったのは大成功なのでは??と大いに盛り上がりました。声に出して笑ったのは、割と終盤のクライマックスバトルアクションシーンで「HERO」が流れた時ですwwwみんなが知ってるあのイントロの破壊力がすごかった。イントロでわかるってあたりが絶妙すぎて。アクションシーンあんまり頭に入ってこなかった。ただ真田さんのセリフ回しがどれもこれも気になって、後でインタビュー記事とか読むとセリフは真田さんが手直しをしたとか書いてあったんだけど、うせやん、ってなるくらい。あと、途中で彼が出てきてこれは「ザ・ロストシティ」!って気づいてニヤニヤしてたんだけど、まさかそんな最後にサンドラブロック出てくるとか知らなくて声が出たwビックリ箱すぎるなwwwっていうかなにこれ友情出演返しなの?そんなことあるの??ロストシティ見ててよかったー。運が悪くてちょびっとメンがヘラってるかんじの中年男ブラピがさいこうにチャーミングだった。めそめそしてサンドラブロックに泣かないでってよしよしされてるのがすきすぎた。人は殺したくないのに自分に向かってきた武器が全部相手にブーメランになってしまうのもほんとに最強だったね。若い女の子にオッサン扱いされたり、写真見るのに遠くから眇めるようにしたりして、ブラピが中年な世界もわるくないな!って元気出た。でも終盤で髪をくくった時には完全にKOされた。あれは反則。わたしブラピすきなんだよね...って静かに墓標を立てた。

 

・Huluで見た映画

「太陽は動かない」
ドラマ版を関テレで見てるので先に映画版も見ておこうかなって(ドラマ2話まで見た)ドラマのいっちーめちゃくちゃかっこよくてときめいたのに映画版冒頭で爆発してて衝撃を受けた。原作既読。虐待サバイバーの話に胸が痛くなるんだけど、そういえばAN通信には男の子しかいないね。女の子はどうやって生き延びていくんだろう。竹内涼真くんはこういう未熟な弟ポジのがしっくりくる。おれは人間でいたい、って血も涙もない鷹野さんとは正反対のキャラなのすき。*1

「ある船頭の話」
ボクらの時代「村上淳×浅野忠信×オダギリジョー」の回*2を見て、村上親子が共演してるオダジョー監督作品ということで見ました。いやはや。オダジョーの映画ってなんかもっとうこうオシャンな感じで(濱マイクみたいなイメージ)(永瀬はわたしもすきなので)っておもてたのとぜんっぜん違ってビックリした。なぜ彼女がチャイナ風のおようふくを着ていたのか、彼女の足を伝わった血とか(生理だよね)、上の村であった虐殺事件とか、人魚?金魚????っていうシーンとか、そうかこれがオダジョー監督の撮りたかったものなのか、ってちゃんと上手に受け止めきれなくて混乱してる。

「あの頃。」
おたくの出てくる映画だってほんのりは知ってたけどまさかひとがしぬお話だとはおもわなくてそんなん反則でしょーーーって号泣した。世の中のすべてのおたくに幸あれ。わたしは今日のチケットを台風くんのせいで泣く泣く手放してめちゃくちゃ暴れてるけど。顔のいいおたくの役がさいこうにうまい松坂桃李くんめちゃくちゃすきです。あと関西弁を話す太賀がちゃんとわたしのチェックをクリアしててすばらしかった。すきなものにあれだけのエネルギを注ぐことができるのはしあわせなことだともうから、誰かに迷惑をかけないかぎりおたくは全力でおたくをやってほしい。わたしの棺桶には何をいれてもらおうかな、お葬式ではなんの曲を流してもらおうかなって考えたけど、一番に浮かぶものがなくて、そのことがかなしかった。

「水曜日が消えた」

「走れ、絶望に追いつかれない速さで」
太賀主演映画見ました。死の原因がわからないと悩んでしまうともだちを残してしんではいけないなとはおもった。まあともだちいないけど。

 

・読んだ本

東野圭吾「マスカレード・ゲーム」(83)
マスカレードシリーズ最新作読みました。映画のキャストが脳内でお芝居してくれるので楽でしたが、さて梓警部はどのキャスティングがいいかな。好きになれないキャラクタを存分にいけ好かなく演じてほしい。ワンレンおかっぱの背の低いひとがいいな。梓警部が襟元に盗聴器仕込んだのなんてわたしでも分かるのに新田さんが気づかなかったのが嘘でしょすぎたので、優秀...?って首を傾げたけど彼女の言うとおりホテルマンとしてのほうが優秀なのでしょう。というフラグが回収された結末に、同じホテルに何度も潜入捜査をするという不自然さを回避できる新たなシリーズが展開される可能性が出てきましたね!

貫井徳郎「紙の梟 ハーシュソサエティ」(84)
一人ころしたら必ず死刑になる世界のお話。その制度ありきの犯罪だったり、動機だったりするのがおもしろかったけど怖かった。死刑になりたいから人をころすという動機が成り立ってしまう世界。自分でしぬのは怖いから死刑を選ぶ自殺願望者たち。どうせしぬなら社会の役に立ってからしにたいという願望。そういう世界はやっぱり怖いな。わたしはひとさまに迷惑をかけずにしにたい。

年森瑛「N/A」(85)
文學界新人賞受賞、第167回芥川賞候補作品。なるほどこれがナウな文学なのか。

長岡弘樹「殺人者の白い檻」(86)

三崎亜記「名もなき本棚」(87)
これこれ、そう、これだよーーっておもいながらすごい勢いでページめくった。「確認済飛行物体」とか「緊急自爆装置」とか、そうそうこれこれこれーーっていう興奮。やっぱり三崎さんはショートショートの天才だよ!楽しかった。

綿矢りさ「嫌いなら呼ぶなよ」(88)
おもしろかったー。現時点での芥川賞最年少作家のナウが炸裂してて気色よかったです。わたしの理解できる時代性というのはこっちなんだよなー--って。コロナのせいにして不倫を正当化するのめちゃくちゃすぎて大笑いしたw

 

・見たドラマ

「NICE FLIGHT!」たまちあかわいかったよたまちあ、32歳とかうそでしょ...若手って言われることにちょっと違和感のあるお年頃ですね^^私生活ダメダメな中村アンちゃんとってもよかった。阿部亮平くん認識した。最終回でみやた出てきたのゆるせない。せっかくたまちあ~~(ほわわん)ってしてたのにあそこで一気に現実に引き戻された。わたしのほわわんを返せばか。

「初恋の悪魔」太賀贔屓なのでどうしても星砂には戻ってきてもらいたかったし戻ってきてくれてほんとによかったよ~~~~って万歳三唱したけど、それはそうとして林遣都くんせつなすぎてかわいそうだったね...ごめんね...

「魔法のリノベ」ほくちゃまかわいかったね、りっぱな当て馬だったよ、うそ、途中でなんでほくちゃまにラブが芽生えたのが全然わっかんなくてずっとハテナだったよ。

「オールドルーキー」

「石子と羽男」主演のふたりにラブがないのがとてもいい。めちゃくちゃいい。それがいい。

「プリズム」藤原季節くんのお芝居を初めてちゃんと観たとおもうんだけど、これはわたしのすきな石田卓也くんに似てるな...と冷静におもった。恋はまだはじまってない。

「六本木クラス」ゆりなちゃんかわぴよ。大きな目をくるくるさせる表情がとってもキュートだった。韓国版は未履修なんだけど、あちこちにああ韓ドラっぽいなーっておもう(ド偏見)ところがあって、うまく日本になじめてない感じがした。役職が「室長」っていうのもッポイよね。わたしは「美しき日々」の室長に恋をした人間なので...ゆりなちゃん絶対当て馬だとおもってたのにまさかのハッピーエンドで嬉しい予想外だった。ゆりなちゃんだってそんなに小さくないのに竹内涼真くんとの身長差がすごくて萌えるしかなかった。最終回、重ねた手の大きさの差にも悶えた。うっかり竹内涼真くんにときめく。すきなこのすきなひとならわたしもすきになるしか...っていうかゆりなちゃんキスシーンNGなのかなラブシーンお預けでまあ一緒のコートにくるまってバッグハグもきゃわたんだってのいいけどキスシーンある時は赤ナスの時みたいに注意書き流してほしい。

「赤いナースコール」あっちゃんが連ドラに\(^o^)/って湧いたのに初回でまっぷたつに\(^o^)/って盛り上がれてよか...ったわけないじゃろがい!!!!!!と地団太踏みました。グロいの苦手なので\(^o^)/

 

・手放したチケット

宙組ヅカロー。台風のせいで手放しました。ガッデム。今年一番ゆるせない出来事ですね。台風くんのことは一生恨むんだから。久しぶりに大劇場行けるのもすっっっごい楽しみだったのに!!!台風のばか。二度とわたしの前に現れないでほしい。

 

・FC更新しました。

推しさんの結婚式に呼ばれるまでは(呼ばれません)頑張ろうかなって。いや、べつになんにも頑張ってなんかないんだけど。今年は所属事務所を退所したりなどして変化の年でした。わたしはレミゼに出る推しさんが見たいので来年は見たい舞台がたくさんあるといいなあ!(言霊

 

・買った服

夏服に飽きたのでニットを買いました!まだ暑くて着られないけどどういうこと。今年は黒い彼カーデ(彼氏のカーデを借りたみたいなぶかぶかのシルエット)がほしいです。

*1:どうでもいいけど血も涙もないとか言うとわたしの脳内湯川先生が血も涙もないと人はよく言うが(以下略)って言い出すので責任とってほしい。

*2:虹郎くんがパパを共演NGにしてるエピソードめちゃくちゃおもしろかったw