茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2009年月組「二人の貴公子」

みりお様のお誕生日という佳き日にスカステでオンエアされたことに感謝します。

 

ずっと見たかったもの。msmrがまさにmsmrとしてそこに在るという様子がとても見たかった。この時のふたりが、さてどんな状態であったのかは推し量るしかないのですが、ベルばらがmsmrの訣別であるのならば、この時は蜜月、とでも言えるでしょうか。まさきさんはルキーニのエリザ前、まだまだその未来は確かなものではなく、それでもmsmrがmsmrとして確実にそのポジションを築き上げていった時代、なのかな。

みりお様のお顔が福々しくて拝みたくなりました。なんだろうあの顎のたぷたぷ感の愛しさ。こないだの「はじまりの時」の映像を拝見してみても、お顔のラインはしゅっとされてるし明らかに痩せておられるのに、それでも顎がたぷたぷとしてらしてwあれはもう齧歯類のさだめなのかとwwwみりお様そこにいったい何を蓄えてらっしゃるの。(この時に出てきた「龍さん」という言葉に湧いた界隈でありました)(編集されて短くぶった切られたコメントの中でのあの言葉は万感の思いが詰まっていて、聞いてるこちら側で嗚咽をこらえきれませんでしたね・・・)(あとは中日お稽古場でのあの鞭のシーンのイケナイ太ももがわたしの中で話題沸騰だったのですがこれはまた別のお話)

みりお様が最後に亡くなられてしまうお話なのはざっくり知っていたし、まさきさんが魂の叫びをあげられるのも知っていたんだけれども、実際お話を通してみるとそれはそれはみりお様の御心が痛いほどに刺さって泣きました。二幕、決裂した二人だけれども、それでもみりお様のきもちはまさきさんにあって、あの時に戻れるならまた同じ道を選ぶかって問うみりお様に対して、あの人に出会うためならもちろん!ってなんのためらいもなく答えるまさきさんを切なく見つめるみりお様の心中たるや・・・!(役名で言え

ふたりがずっとふたりでいたことの大切さは何事にも代えがたいものであって、まさきさんは愚かにもみりお様の最期にようやくそのことに気付くわけですが、時すでに遅し、これがいわゆる「大事なものは失ったときにはじめてわかる」というやつですね。みりお様の無念をまさきさんは一生胸に抱えて生きてゆけばいいです(だから役名で

恋をして愚かになった二人の悲劇なのですが、やはりそこにはみりお様の切なさが全編にわたって横たわっていて、もしやこれはみりお様の物語なのではと思ったのですが、みりお様亡き後振り絞るようにして言葉を出すまさきさんの姿はほんとうにかなしくて、大事なものを失った姿を見せることによって見るものに感動を呼ぶまさきさんこそが物語なのだと、初めて聞くまさきさんの声色にぞくぞくしました。

月組時代の蘭はなちゃんを初めて見ました。何かと苦言を呈されることの多い彼女ですがわたしは蘭はなちゃんのお芝居がすきです。好きな人のために命を懸けたのに、報われることはなくて、精神を病んでしまった彼女のかなしみが痛いほどに伝わってきました。セリフの言葉が浮くことも裏返ることもなく、厭味なしにこの「可哀想な娘」を演じられたのはすごいと思います。

あとはゆりちゃんの爽やかさが一服の清涼剤でしたね。穏やかで、優しい。msmrが二人して酷い仕打ちですまんかった。

 「雨の日も寒い日も、ちょっとあったかくなってきた日もちょっとまた寒くなった日も」っていう千秋楽のコメント、これ最近似たようなやつを東宝千秋楽で聞きましたね・・・?まさきさんがずっとまさきさんだってわかってうれしいです。

まあ何よりもうれしいのはみり様でしょうけれどもね。ええ、噂に聞いていた手つなぎの場面を見ることができてほんとうにmsmr冥利につきます。なんすか、あれ。まさきさんに手を差し伸べられて、素で喜びの声をあげてられましたよね。あれ完全に中の人の声でしたよね、無防備すぎるわーみりお様。

 

さてみりお様のお誕生日という佳き日にあわせてPUCKのポスター画像が発表になりました。なんでや。

f:id:piroco165:20140626191959p:plain

なんか見知らぬ娘役さんがおる・・・!とおもたらコマちゃんだった!!!

そしてたまきっつぁんのポジションに戦慄ですよね。ふぉ・・・

すみからすみまで可愛い。ああ、可愛い可愛い、可愛いともさ!!!(逆ギレ

f:id:piroco165:20140626192015p:plain

でも酷いのはコレですよね・・・なんすかコレ・・・やー、でもわたしまさきさんはもっとぶりっ子できると思ってたんですけどそこまでぶりぶりじゃないですよね、まだ理性が見て取れる。いや、理性の問題じゃないんだけど。目なんだよなぁ、目が、ちがう。わたしがおもってるのと。

ローラースケートはktkr!!!!!!!!!って界隈が大盛り上がりしたやつですけど、舞台では披露しませんよね、できませんよね、ええ、わかってますよ^^^^

そんなみりお様のお誕生日という佳き日にまさきさんは大劇場の雪組公演に降臨されたとかで、なんでよりによって今日なんや・・・ってがっくり肩落としてみたり、そのドSっぷりに大笑いしてみたり、みりお様のお誕生日、ほんとに忙しいです。どうか、みりお様の今年が幸多いものでありますように。願わくば、わたしが望むものとみりお様が望むものが同じものでありますように。それをかなえてくれるのがまさきさんでありますように。