茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2013年月組「ME AND MY GIRL」

月組の伝統芸とも言うべきミーマイ、初見です(ドキドキ

 

ベルばら後、msmrの呪縛から解き放たれた月組の新しい姿が見られる作品。

噂には聞いてたけどあんまりにもあんまりなビルのテンションに腰が引けたというか、ええ、正直ドン引きだったのですが、途中からはビルのテンションが落ち着いたのか、わたしが慣れたのか、ジャクリーンに誘惑されるシーンのまさきさんはまさにワンダフルでマーベラスでビューティフルでした!そしてこのジャクリーンを博多座ではまさきさんがやってらしたのね(来月のスカステ楽しみ)(あれ、もしかしてみりお様がジャクリーンなのかしら?)とくらくらしました。かちゃのジャクリーンもキュートだったー。

ビルの年齢設定がわからないんだけど、まさきさんの演じるビルはまだ未成年であどけなく、恋人のことを「ぼくの女の子」って言うのがピッタリ似合ってて、それが「教育」を受けるにつれちょっとずつ精神年齢も上がっていって、それは分別とかそういう大人としての常識ではあるんだけれども、今まで彼らが何にも縛られずにピュアに生きてきたことからすると決して幸せなようには見えず、彼を想って彼の前から姿を消してしまった彼女をひたすら追い求める彼の姿は、そんな分別なんてクソくらえだと言わんばかりで、ただ彼女のことを愛してるんだ!ぼくには彼女が必要なんだ!!っていう心からの叫びのようで、そんな二人の恋がちゃんと結ばれるウルトラスーパーハッピーエンドのこのお話は現代のお伽噺とも言うべきファンタジーな世界でした。まさきさんの説得力たるや。

小道具使いに安定の信用のなさのあるまさきさんですが、今回はアイスペールですか、ナイフフォークですか、リンゴですか・・・ああ、この場面ですね、ええ、なぜにこのような場面がwwwまさきさんにとっては試練以外の何物でもないですよねw愛おしいwww次のPUCKのローラースケートだってきっと幻になってしまうに1000点!!

テンションがウザいビルですが、でも聞いたことのないまさきさんのセリフ回しがてんこもりで、見たことのないまさきさんの姿がいっぱい見られたことはこの上ないしあわせでした。どこまでも前向きで明るいビルの生き方は一途でブレがなくて、重ねて見るにつけ愛しさしか残らなくてどの瞬間のまさきさんも見逃せなくて、いつだってフルテンションでギア全開なまさきさんのバイタリティに敬服するしかなく、みりお様なきあと、孤軍奮闘するまさきさんの姿は少なからず痛ましいのですが、それと同時にmsmrの楔から解き放たれたまさきさんの心からの歓喜の表れなのかもと思ったり。msmrとは。何を見ても、どんなまさきさんを見ても、そこにmsmrを絡めてしまうのはすべてのmsmrファンの性であり業なのですね、ええ、望むところです。今のわたしはmsmrとともにあるのです。まさきさんを見ても、みりお様を見ても、そこに見えない絆をどうしても見出してしまう。いくらそれが幻想だと言われても聞き入れず、過去の思い出に囚われてるだけのわたしたちをきっと本人たちはわらってるのだわって思ってたけれども、必ずしもそうではないことを知ってしまったので、なかったことにして、見えるものも見えないふりをするのはやめることにしました。

わたしは信じたいものを信じようとおもいます。まさきさんだいすき。

みりお様もご観劇されたようですが、安定のスルーと聞いてmsmrとは、と思いをめぐらす初夏の夜。ほんとうにmsmrはわたしを深く思い煩わせるふたりであることよ。

ちゃぴはほんとに歌がうまくなりましたねぇ(しみじみ

顎で受け止めてニヤリとしてからスマーイル☆

笑顔の後の表情がとても切なくて。愛する人のために身を引く、ってほんとうに切ない。二人がハッピーエンドでほんとうによかった。ほんとうにほんとうによかった。

ナウオンにて、役替わりしてる人たちがまさきさんが今まで役替わりさんざんしてきたのすごいえらいって言いまくってるの見て、ご本人も役替わりのセンパイだしぃプロフェッショナルだしぃっておっしゃってる姿が、う、う、う、う、それまでのまさきさんの苛酷な環境がうかがえるようで涙を禁じ得ませんでした。今まで自分がやってきてたけど、傍から見るとすごい大変そうだなーって思う、っていう言葉に(嗚咽

ようやく役替わりから解放された新しいまさきさんの姿が見られる作品ということですね。

でも、その大変だった役替わりも、ツラくてツラくて大変だったけど、でも楽しかった、って言えるまさきさんすごいっすだいすきっす。だってそんなの大変に決まってるじゃん!?役替わりによって生じる化学変化とかそりゃあるだろうけれども、それによってお芝居がよくなることもそりゃあるんだろうけどもさ!!!!!!でも苛酷だったとおもう。ほんとうに、お疲れ様でした。これからは、一つの役に専念できる分きっとまた違ったまさきさんが見られると思うとしあわせに震えてしまいます(ルパン未見)役替わりとは。役替わりとは。役替わりとは。(大事なことなのd

特筆すべきは優ひかるくんです、幕開け後の車が二台登場する場面ですぐに見つけたわたしえらいとおもうの。やっぱり目が行くんだよね、探そうとしなくてもすぐに見つけちゃう。そして贔屓目かもしれないけれども、いい場所に立ってるんだよね。これを見る限り決して扱いは悪くないと思うんだけどなー。

あと、ゆりちゃんが気になる存在に。彼女の笑顔の威力は素晴らしいですね。

別バージョンのミーマイも見てみたいし、みりお様がビルを演られた新人公演の映像も入手済なので早く見てみたいです。月組ばんざい。