茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

2008年月組「夢の浮橋」/新人公演

「二人の貴公子」直前の大劇場公演。研8のまさきさん。

 

声も少し高めでほんとに可愛い。園加さんについて歩くまさきさんがただの下級生でほんとに可愛い。この時のショーがアパショなんだよね、そっちのほうではまさみり夫婦役とかでmsmr界が盛り上がる要素があるんだけど、お芝居のほうではまさみりの絡みは一切ないのがさびしい。どうしてもみりお様との出番を比較してしまうんだけど、でもまさきさんのほうがいっぱいセリフがあった!と思う!!

そして当時の月組は娘1が不在という混迷の時期で、一応ヒロインを立ててはあるけれどもといった感じで、それが「二人の貴公子」でヒロインを演じた羽桜しずくちゃんなんだよね(みりお様の同期)。もともと星娘だったのを新人公演ヒロインとして月に異動になって恐らくは次期娘1候補だったであろうに、どこでどう歯車が狂ってしまったのか。ええ、それが大人の事情ってやつですよね、わかってます、わたしも大人ですから。でもそこに巻き込まれた人たちはしずくちゃんだけじゃなくって、いろんな人たちが心を痛めた時期だったとおもうのです。巻き込まれた人たちの中にはまさきさんと昵懇の仲の人もいただろうし、まさきさんだって決して無関係ではいられなかったはず。

あさこさんの次の次のトップが、この道定だという不思議。

どうなるかなんて、ほんとうに誰にもわかりませんよね。

そしてみりお様が主演を務められた新人公演も見ました。みりお様にとっては二作目の新公主演作品。

新人公演はその断片をほんのりと見たことしかなかったので、こうやって全編見たのは初めてです。いやはや。

想像するだに大変そうな新公ですが、これはまさに試練ですよね。これを乗り越えたものだけが大きく成長できる。そういう場なのだと思いました。

そしてこれが蘭はなちゃんがこたびの花1就任にあたってみりお様は初恋の人、と言われたくだんのやつなわけですねwww蘭はなちゃんが月組にいることに慣れない。そういえば雪1がちぎみゆになった時の5組の娘1のうち4人が月娘で、どれもこれもまさきさんのお手付き(言い方)なんですよねぇぇぇぇ。(ちゃぴが嫁でねね様は新公時代の相手役で蘭はなちゃんは貴公子で一緒でみゆちゃんはダンロマで一緒に組んだことがある)

閑話休題

手練手管に長けたあさこさんの役をみりお様がやるとかいったいなんの罰ゲームなんだろうとかおもいましたが(すまみせん)みりお様はいちいちそつがなくてお琴のシーンであすなろ抱きしながら琴をつま弾くあたりではうっかりときめいてしまいました。やだみりお様むかつくDTのくせに!!!(言いがかり

そしてお話の内容が、まじ男どもがクズすぎてやっぱり源氏物語とかいけすかないわー、っていうのが感想です。気に入ったおなごを権力に物言わせて囲ったり、親友の愛人なのに手籠めにしたり、結局最後は自殺に追い込んで尼寺に放り込むとかまじ鬼畜の所業ですよね。それでツラい・・・とか笑止千万、片腹痛いわ!!!!!!!!!