茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

焼野原にされた月担のみなさん、ご機嫌いかがですか。

ちゃぴのミュージックパフォーマンスという単独演目に度胆を抜かれ、さらには他人ごとだとおもってた専科公演に月組生がかり出され、バウの若手は完全に二分割、マギーさんのDSにゆりちゃんがいることによって引き裂かれたtsyrに悶え、バウとドラゲナイの二択だとばかり思っていたのがまさかの6分割で、千々に乱れまくっております。

わたしの中で一番に浮かんだのはひびとし\(^o^)/という浮かれた感想によるちゃぴのMPで、日程的にもなんとかなると踏んだのでもう気持ちは一直線にここへ。

ゆうきをいじりまくるひびとしを生暖かく見守るまんちゃんと、立ち位置不明なちゃぴというお稽古場が楽しみでしょうがないです。

歴代の月娘1のミューサロを二連覇したとし子センパイにちゃぴのミューサロにも出てほしいと願いはしましたがまさかそれが現実ののものになるとは夢にも思わず、そもそもミューサロではなくミュージックパフォーマンスというタイトルで、そのこじつけというか言質を取られないぞという姑息な感じがいけすかないですけれどもそう言い張るのならばそれならそれでいいでしょうとこっちもその気でおりますよ、と。

二択でなかったことと、その中でも特に引き裂かれたまさちゃぴに月担は振り回されてるわけですが、なんだろう、ここに来て一気に冷静になれたというか、もちろん大パでテンパったんですけど、それらが一周まわって、ああ、そうなんだ、って強制的に納得させられたというか、何かが麻痺してしまった感があって、わたしの選択肢としてはちゃぴのMP一択だな、って即断しました。

ドラゲナイには、行きません。

わたしは、ちゃぴととし子センパイとさやぴーとあきさやさんとまんちゃんのミュージックパフォーマンスに行きます。

わたしが後悔しないための選択肢はこれしかないと即決できたことは僥倖だとおもうし、そこに一寸の迷いもなかったことはびっくりでしたが、まぁ今の状況ならば納得の結果だなとも思えたのでたぶん正解なんだと思います。

会いたい人に会いに行って見たいものを見れば、そのあとにどんなことになっても後悔はしないと思うから。

今、わたしたちは嵐のただなかにいて、ただひたすら風の強さから身を守るしかないんだけれど、これを乗り切ればきっとそこには眩しいほどの青い空が広がってるだろうから、それぞれがおのれの信じるままに道を誤ることがなければ、その澄み切った景色を見られるとおもってる。わたしはわたしの信じる道をゆくのみ。

みんなの健闘を、祈る。

嵐を乗り越えた後、また、会おう。

それぞれの苦闘をたたえ、ねぎらい、再会を喜びたい。

それまで、どうか、元気で。

どうか、元気で。