茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

月組東宝千秋楽おめでとうございます。(追記あり)

龍真咲様、ご卒業おめでとうございます。

佳き日を迎えられことにお祝いを申し上げるとともに、あなたのくれたすべてのことに感謝の意を捧げます。ほんとうにありがとうございました。あなたの16年間をありがとうございました。

お天気すらも味方につけた龍真咲の神通力にひれ伏すしかなかったです。時折雨が降りる日比谷が退団者の入りのころには雨がやみ、まさきさんがいらっしゃる前には晴れ間すら見えたと聞いて、この人はこの世のすべてのものに愛されてるんだなってしみじみと思いました。前楽の時には鳴りやまぬ拍手にカテコがあり、別れを惜しむかのようにゆっくりとゆっくりと降りてくる緞帳に思わず劇場中が笑いに包まれるというスタッフさんの愛につつまれた空間だったようで。公演デザートも様々なバージョンの様々な表情をたくさん見せてくれて、それもこれもやっぱりすべてまさきさんへの愛なんだなっておもうと、たくさんの人に愛されたまさきさんという稀代のトップスターと同じ時代に生きることができた奇蹟に感謝せざるをえなくて。

誤解されやすい姫トップという矛盾したキャッチコピーをもつお人でした。

それでも最後の最後にほしかった言葉をぜんぶくれました。

まさきさんが本心を言わずにすぐにはぐらかしてしまうのはそれは弱い自分を隠す盾であったと言われたことに泣き崩れました。強い人だと思ってたしその強さが憧れだったけど、今回の退団公演においてもぜったいに涙を見せず、いつも通りをモットーにひたすら泣くことをともすれば過剰なほどに避けていて、周りの人に泣かれてしまうことをこれほどまでに忌避するその姿がかえってかなしかったのです。泣いてるのを見ると、きっと自分の中でひっしに守ってきたものが崩壊してしまうとおもってたんだろうなぁ。カテコでちゃぴを呼んで、心に蓋をしていたものをもう外してもいいよって言われてちゃぴを号泣させたというまさきさんですが、それはきっとまさきさんも同じだったんだろうなって。自分の心にひっしに蓋をして、感情をおさえて、そうやってトップスターという立場で戦っておられたんだろうなって。どうか、まさきさんが、明日からは蓋を外して心のままに生きていくことができますように。

新しい夢を、また見つけることができますように。

あと、わたしがほしいとおもっていた、たまちゃぴの月組をよろしくお願いしますという言葉を貰えたことが一番こたえてます。

まさきさんが大事にしてきた月組を継ぐ人たちを、わたしも同じように愛せたらいいなとおもう。

 (追記)

タカニュの千秋楽映像見ました(嗚咽)昨日流れてくるレポにもだいぶ泣いたんですけど、それが実際の映像となるともうダメすぎました、わたしの涙腺が。弱い。弱すぎる。お芝居でもショーでもまさきさん以外の退団者たちの姿が何度も抜かれ、セリフが流れ、やさしい映像だなぁってじーんとしてたうちはまだよかったんです。途中でVoiceふたたびなお説教が始まったシーンでも、ほんとにまさきさんはもう、って笑ってられたんです。でも、ショーの最後のあたり、金のお衣装で一人大階段を上っていくまさきさんのその表情が、ダメでした。泣かないまさきさんの泣くことを堪えている表情は心が軋んでしょうがなかった。ありちゃんが双眸からだーだー涙を流しててもうどうにも取り繕うことができないレベルだったのに泣いて笑って泣きました。最後のガッツポーズもちゃんと映ってた。

そして、カテコで、まさきさんが、ちゃぴの名前を呼んだ時。レポでも聞いてた。知ってた。心にひっしに蓋をして感情があふれてしまわないように堪えてたちゃぴのそれをどうしても外したかったまさきさん。もう、がまんしなくていいんだよ、って。今までたくさんのことをがまんしてきたであろうちゃぴこさんのその蓋を、まさきさんはどうしても最後に外してあげたかったんだろう。舞台の上で。そうすることによってようやく解き放たれて、次のステージへと進むことができるんだろう。何がちゃぴこさんを縛りつけていたのかは想像するしかないし正解なんてわからないけど、打ちつけられた楔を抜いて、呪縛から解き放ったのはまさきさん。感動的だった。うまく言葉が出てこなくてやっぱりちゃんと喋り、って叱られてたけど、想いだけはじゅうぶんに伝わってきたよ。今までありがとう、っていうまさきさんの言葉は今思い出してみても涙が止まらなくなるからなるべく思い出さないようにするね(まっとうな社会生活を送れなくなるから)

さらには反対側のたまきさんも呼び、これからの月組をどうぞよろしくお願いしますという言葉をくれたことにむねがいっぱいになって息が止まりそうになりました(生きて)涙を堪えるだけで言葉の出てこないたまきさんに泣くなと一喝してベシって叩いたのすごい惚れた。そしてちゃぴには同じ言葉なのにまったく違ったように聞こえる優しい泣くなをあげてた。泣くなって言うほうが無理だよまさきさん・・・!

わたしよく頑張った、っていうまさきさんの言葉がせつなくて。トップ就任からずっと不安がられて心配されて、でもそうやって思ってもらえるうちが華、っていう言葉に泣いて。ほんとうに、お疲れ様でした。ありがとうございました。だいすき。最後に龍真咲最高!って自分で言ってくれたあなたのことをわたしも最高のトップスターだと思ってます。また違う夢が見たくなったそんな姿が見られることを楽しみにしてます。

 

f:id:piroco165:20160905122228j:plainf:id:piroco165:20160905122257j:plain

f:id:piroco165:20160905123541j:plain

なんかすごく記事が小さい気がするんだけどやっぱり東京公演はおまけって感じなのかな。

f:id:piroco165:20160905135356p:plainf:id:piroco165:20160905150638j:plain

そして今日の10時きっかりに、公式の画像からまさきさんが消えました。組のページでも、まるでまさきさんなんていなかったかのようなFLの画像が使われてて、ああ、こんなにも簡単に消えてしまうものなんだなってそのことがショックでした。タカラヅカはそうやって続いてきたんですよね。なにか大きなものがなくなってしまった感覚だけがわたしの中にあるので、それを少し離れたところから眺めて途方にくれてます。