茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

西澤保彦「ぬいぐるみ警部の帰還」(42)

「赤い糸の呻き」に比べたら、比較的まともなミステリでしたwいや、「赤い糸」がほんとにどれもこれも酷かったのでな。

そこに所収されていた「ぐるぐる弁当」に出てきてたイケメン警部音無のシリーズ物らしいのですが、もちろん覚えているわけもなくwタイトルに暗示されてる設定をなんとなく受け入れながら読み進めました。

いや、それなりに楽しかったですけど、そんないっつも現場にぬいぐるみがあるわけないじゃんねえええって野暮なことをついつい。

 

ぬいぐるみ警部の帰還