茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

道尾秀介「貘の檻」(32)

 

貘の檻

貘の檻

 

なかなかに読み難かったところもあったのですが(方言とか)それでも最後に向かうにつれてテンションのあがる読書体験でした。

どうか彼が救われますように。