茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「すべてがFになる」#1

原作既読派です。犀川先生大好きファンです。

そもそもドラマ化の一報が入った時に「天才大学教授と天才女子大生」って文字に絶望しかなく、だいたい犀川先生は教授じゃないですし准教授ですしなんなら助教授ですしいいい!!!!ってなったし、あまつさえ萌絵をリケジョ呼ばわりしたことには殺意すら覚えましたね・・・確実に原作ファンを敵に回した!もはやキャスティングがどうとかいう問題ではない!!!!!

ってむっちゃ鼻息荒くして喧嘩腰で視聴したのですが、ええ、わたしも大人なのでね、原作既読派が映像化されたものについて己のイメージと違うとかごちゃごちゃぬかすのは美しくないと思ってるのでね、なんにも言いませんけれどもね、でもね、理系ミステリは映像化してはならないとなんべん言うたら!!!!おまいらあのレッドマーキュリーの悲劇(ガリレオ)を忘れたのか!!!!!!!大仰なセットとか作ったところで安っぽくなるのはわかっておるだろうに・・・っ。

真賀田四季のキャスティングだけはちょっと文句言いたくなるけど、それよりもあやのごと小澤さんが同級生役とかそれはちょっと無理がありすぎるだろう!!!!!ってまさか小澤さんが喜多先生役とか思わなくて、えええええええっ、って声が出ましたよ。まじか。