茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「僕らは奇跡でできている」#7

息子のことを出来なくてダメで手を焼かせる子だって思い悩む母親の懸念がひとつ解消されてほんとうによかったです。お母さんのことをだいすきな彼が、お母さんのすごいところ100個言えるよって全肯定する場面がクライマックスだった。朝起こしてくれる、ご飯を作ってくれる、掃除をしてくれる、洗濯をしてくれる、歯ブラシの先が広がったら替えた方がいいって言ってくれる、もしものためにベランダからロープで逃げる練習をしてくれる、おお、いいお母さんだよう(ごうきゅう)ぜんぜんだめな母親なんかじゃないよちゃんとわかってくれてるよ(おえつ)ほんとにね、もしもの時にベランダから逃げる練習はだいじ、避難訓練めっちゃだいじ、わたしも家庭内で避難訓練しなくちゃいけないってめっちゃおもった。

誰でもできることはできてもすごくないんですか。

そうやってみんなのすごいところを100個言えるかじゅき先生はほんとにすばらしくて、でもその分いろんなことを乗り越えてきたんだろうなって静かに流す涙にまじ号泣っすわ。水本先生にかじゅき先生は努力する亀ですもんねって言われて、そうでもないですよって言うシーンがはさまれたのがまた効果てきめんだった。実はすごいって認めてもらいたい承認欲求の強いウサギだった。バカにした人たちを見返してやりたい、でも絶対負けたくないって思ってるうちにすごいことをやらなきゃって思い詰めるようになったらすきなことも楽しくなくなってつらくなって。

やりたいならやればいい、やらなきゃっておもうならやめればいい。

これはもちろん趣味の世界の話だし、それだけを追求できるかじゅき先生は恵まれた環境にいるんだなーってめちゃめちゃ羨ましいけど、でもわたしもそう言える親でありたいです。*1何かが出来ても出来なくても居ていいんだって、そう言えってことですよね。生きてるだけでじゅうぶんえらい。ほんとえらい。わたしもえらい。みんなえらい。

すごいところ100個言えるよ大会のあとで水本先生が自分を肯定できるようになってビリビリに破いた雑誌のページをくっつける後ろで流れるどうあったって自分は自分でどうやったって誰かにはなれないっていう主題歌の歌詞にまた泣かされました。すごいところ100個は、誰かと比べてってことじゃない。とてもすてきなことをおしえてもらった。

そして最後にきた爆弾ーーー!!!かじゅき先生は、山田さんが自分と水本先生をくっつけたがってるのも知ってるし、それに大河原さんが口実に使われたのも知ってるし、そして彼女が自分の母親であることも知っていた。たいへんです。

*1:バカ息子の進路でまたもや悩む時期になりました。彼の人生に親として関わる最後の機会なのかなと思うと。