茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

メ~テレ開局55周年記念ドラマ「乱反射」

なんという豪華なキャスト!次から次へと出てくるビッグネームの波に揉まれて窒息するかと思いました!すげー、お金かかってるぅ!!原作既読派。9年前に直木賞候補になった時に読んだ。また後で読み返したい。小市民たちのほんの些細な「罪」の連鎖が引き起こした重大な結果。彼が新聞記者でなければおそらくその連鎖が明るみになることはなく、その事実をつきつけられた人たちが罪悪感に苛まれることもなかったんだろう。いや、あの犬の飼い主だけは何も知らないまま生きていくことになる。あの爺の存在が彼に知られることになってもおかしくはなかっただろうに。彼が糾弾したのは、樹木診断をした造園業者と、それを委託した市役所と、最初に救急車の受け入れを断った医者だけ。その陰には犬飼の爺以外にもヒステリックな市民運動を繰り広げる女性たちや、さらには夜間診療はすいてるからお勧めだよんとか言いふらしたバカな大学生。倒木した傍で見ていたあのカップルは救急車を呼んだのだろうか。野次馬デートを楽しんでいる様子が醜悪だった。街路樹伐採を訴える団体の、何かが倒錯してしまっている本末転倒っぷりも醜悪だった。そんなつもりはなくてただ木が切られてしまうのはもったいないわねえって何気なく発した一言によって祭り上げられてしまった女性の悲劇とそれを持ち上げた人の醜悪さ。犬飼の爺以外はみな、己のしたことが引き起こした結末を知っていて、それが自分のせいかもしれないという罪悪感にビビっている。でも自分は悪くないと開き直って、そうやってそのまま厚顔無恥に生きていく。やるせない気持ちをなんとか昇華させる夫婦が、家庭ごみ持ち込み禁止と書かれたゴミ箱に、家から持ってきたゴミ袋をふたつ、押し込む。おお。それは事故前にも同様にあった風景だ。そして彼はきづく。こういうことか、って。それでも押し込んだゴミはそのままに、未だきづかない妻とともに、亡くしたこどもとの思い出の地に足を向ける。醜悪だ。想像緑の射程範囲。

三浦しをん「ののはな通信」(30)

しをんさんの百合小説読みましたー。

いやー、全編往復書簡形式で、女子高生時代から始まるんですけど、その時代っぷりというか文体というかめちゃめちゃ思い当たる節がありすぎてこの上なく恥ずかしかったです・・・!こんな文章わたしも書いてた!日記というかたちで残ってる!!*1恥!!!(死

百合スキーなんだけど、未成年の百合にはあんまり心惹かれないです。あまりにも人生経験が少なく、あまりにも狭い世界に生きてる人間が、自分のセクシャリティが確立しないままいわばマイノリティな性に傾倒する姿よりも、酸いも甘いも十分にかみ分けまくった海千山千のおんなのひとたちがやっぱりおんなしか愛せないわっておもいながら生きていく様をみるのがすきです。なのでののはなのふたりが高校生時代の刹那の恋に終生囚われている様子は、なんとなく嘘っぽくて(だって20年以上会ってなくて手紙だけのやりとりしかしてないのに)幼いころの恋だけを抱えて生きていく物語はそれはそれで素敵なんだろうけどわたしの得意とするところではなかったです。あとはなのキャラが文面だけではよくわからなくて(ののがそこまで執着する理由がわからなくて)顔か?顔なんか??人間やっぱり顔がだいじやからなって変な納得もしたんだけど、わたしは一人じゃ生きていけないからお金持ちの男の人と結婚するって言い放った彼女が、その結婚生活を捨てて戦乱の地に身を投じる結末はわりとポカーンでした。え、そうなん。そういうキャラだったん。みたいな。一人じゃ生きていけないからお金持ちの男の人と結婚するって言った彼女をゆるして、なお愛し続けるのののきもちもよくわからなくて、ただ十代の頃のキラキラした思い出が美化されて一生の枷になってしまってるんじゃないかなって。

でもたしかにふたりにとってはファーストコンタクトがディープインパクトでそう思えるような恋に出会えたことがしあわせだって思えるってことはしあわせなことなんでしょうねたぶん(迂遠

「幼い恋だと笑うひともいるかもしれないけど、私にはすべてだった。一生に一度しか味わえない、もしかしたら味わわずに終わるひともいるのかもしれないと思えるほど、とても密度の高い経験だったの」

 

「私こそが、あなたになりたいと強く願ってきたの。あなたを愛して、一体になってしまいたかった。境目がわからないぐらい、身体だけでなく心も溶けあってしまいたかった」

 

推しCPに言わせたいセリフがてんこ盛りだったのでやっぱりしをんさんだいすき。捗ります。

*1:わたしが死後消してもらいたいのはデジタル的なアレコレもそうだけどこのアナログな日記たち(40冊以上ある)と紙で残してある創作たちです。

ぐるぐるナインティナイン ゴチ第16戦(後半)

田中圭ちゃんの異文化と出会っちまった感がすばらしかった。おもにケンティーセンパイなんですけど。ケンティーセンパイの玄人っぷりに脱帽するしかなかったんだけど、それに田中圭ちゃんが完全に負けちゃってるのもおもしろくてかわいかった!っていうかケンティーセンパイのすごさを思い知らされて膝を折るしかなかったっす、まじすげーーっす、すげえって知ってたつもりだけどまじでまじでケンティーセンパイちょーーすげーーーーー!!!!

わたしも田中圭ちゃんがゴチのレギュラーになるとかいったいなにごとかとおもったしなんで!?っておもったけどすきな人がおいしいもの食べてご機嫌な様子を見られるのってめちゃめちゃいいですね。さいこう。よめさまのエピソードだっておなかかかえてわらったしもうわたし泣いたりなんかしないんだか・・・ら・・・(ごうきゅう)お小遣い制な庶民派すばらしい。表情ゆたかでいろんなバリエーションの田中圭ちゃんみせてくれるのほんとありがたいですハッピー!