茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

井坂幸太郎「AX」(42)

井坂さんの殺し屋シリーズ読みました。

www.kadokawa.co.jp

むちゃむちゃよかったです。好きな井坂さんでした。

最強の殺し屋が恐妻家だったらという設定の勝利。人とのつきあいかたが苦手だったという彼のおそらく凄絶な過去は語られてないけど、恐妻家になるにいたったというのがきっとその証左。彼にとって家族を得たことはとてもしあわせなことだったんだろうなと涙なみだなみだ。誰の目にもこの上なく妻に気を使って生きてるように見えてた彼のことを、彼の妻はそうはおもってなかったことに救われた気がする。お父さんはいつも気楽にのんびり生きてた、って。夜中に帰宅しておなかがすいた時、どんな些細な物音にも目が覚めてしまう妻に文句を言われないために最適な食べ物は魚肉ソーセージだというような彼が。物語の最後、ふたりのなれそめらしきものが提示されて、その時もらったキッズパークのチラシを後生大事にしていた彼はほんとうに不器用で、妻を愛していて、息子を愛していて、だからこれはさいこうのラブストーリーだったんだなってわかる。 

kadobun.jp

表出する事柄以外は詳しく設定していないというのが興味深かったです。彼のおそらく凄絶であろう過去とか、殺し屋になった経緯とか、今まで行ってきた殺し屋稼業のアレコレとかそういうのはきっと重要ではなくて。その省く部分に作家の個性が出るんだろうって話はおもしろかったしなるほどなーっておもったし、その点において伊坂さんとは気が合うなーーっておもってます。よい余韻だなー。

スカステつれづれ

・ダンサーハント#3

よその組の上級生の娘役さんに「尊敬するダンサー」として名前を挙げていただいてるのすごくないですか!?!?!?先日観た月組さん、ということで流れたのが瑠璃色のフィナーレで、ですよね!!!!!!!って沙月姐さんと握手したいきもちに。ほんとにあのフィナーレはベストオブザイヤーだとおもう。地に足の着いた、って言っていただけてたけど、あのフィナーレだけを見てる分にはそんな風には見えなくてwむしろ常に5cmくらい浮いてるようなはしゃぎっぷりとシャカリキ感がたまらなくてたまらないです。すき。いかんせん屈指のダンサーと言われてる人のファンだというのにダンスについてはからきしなのでとし子センパイカッコイイっていう感想しか出ないくらいにポンコツなんですけど、こんなふうにいろんな人がダンスがすごい!って言って下さるってことはそういうことなんだろうなーとはおもいます。わたしはとし子センパイがとっても楽しそうに踊ってられるのを見るのが好きなので、そういう姿がもっともっと見られたらいいなっておもってます。次回のダンサーハントもとてもたのしみ♡

・とび出せ!ワンにゃんパラダイス!!#2

前回のテレビ出演でこりごりだと思われたポテさま再登場!!しごく迷惑そうな顔をしてらっしゃるwww怖い上級生の姿に悶えるので、そういうのが垣間見えるとどこまでも転がれる。ぬこに関しては心配性がすぎる。いつもの毛だらけ()とかの理由も見えてほんとにね、なんかね、アレですね、ちょっと刺激のつよい番組でしたね・・・ネコ会・・・(以下自重) あとは衝撃のポテさまの名前の由来とかねw赤裸々に明かされるとし子センパイの中の人のくらしぶりにドキドキがとまりません><><

f:id:piroco165:20170906223213j:plain

「伊藤くんAtoE」#5~6

とうとう伊藤くんがDTだってことがバレてしまった!!!!

手練れの彼女(聡子ちゃん)におとこにしてもらってふにゃんふにゃんに骨抜きになってる伊藤くんがめっちゃおろかものすぎて彼女(聡子ちゃん)がかわいそうです。

本を読んだ時にもこのお話が一番切なくてだいすきでした。実希への捩れた愛情と伝わらなかった想いと、つかの間の蜜月と、空っぽのバスタブに座って泣く聡子ちゃんの姿。切ないなぁ。実希がだいすきだっていうチェリーのタルト、ことあるごとに売れ残ったものを持ち帰ってはいたけれど、でも聡子ちゃんは一回もそれをお金を出して買ったことはなかった、っていう小説の文章に痺れたっけ。合鍵は実家の住所に送ってって素っ気なく言う実希と、その鍵でからっぽの部屋に入る聡子ちゃん。切ないなぁ。 

youtu.be

きみの指先のつめたさを想う/遠く知らない街から手紙が届くような ときめきを作れたらなあ