茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

「シン・ゴジラ」

地上波初オンエアをリアタイしました。めっちゃ楽しかったです。

ほぼほぼ本編フルオンエアで神編集と評判高く伝説となったシンゴジ地上波初登場でしたが、そのわずかにカットされた部分が、わたしにとってはとってもたいせつなもので、わかってたしわかってたしわかってたけど、でも実際目の当たりにすると、こうやってなかったことにされちゃうんだなってものすごく心が痛くて、かなしくて、くやしくて、いっぱい泣きました。しんどかった。

それでも久しぶりのシンゴジの世界はやっぱり楽しかったです。いろんなジャンルのおたくたちが一堂に会してお互いの知識を惜しみなくさらけ出して存分に盛り上がることができたっていうのはほんとうにすばらしくて、いいコンテンツだったなーってしみじみとおもいました。わたしがこれを楽しめる人間でよかった。ラッキーだった。

どうしてもパトレイバー信者なので、音楽にしてもあの東京の下町を闊歩するゴジラの映像*1にしても、もちろんアクアラインとか方舟とかそういうのがいちいち「っぽい」なーってわくわくした。すべての原点はパトレイバーだとおもってる。

高橋一生くんは改めて見るとまだブレイク前(まさに前夜)だというのにとてもよい役だったなーという印象。そういえばヒロキ。というw前髪下ろしてると若く見えるね。世の中的には「ごめんなさい」というあのセリフが一番有名だけど、わたしのベストオブ安田はこれ。

f:id:piroco165:20171113232416j:plain

 

bunshun.jp

「MM9」がなかったらシンゴジはなかったっていう話がとっても興味深かった。あれもパトレイバーに通ずるものがあるよね。日常の中の非日常。いつもの風景に出現する特異なものに対してフラットに接するひとたちのおかしさ。

 

(追記)

今さらながらになんべんも見返して反芻してるんですけどこれずっと見てても少しも飽きないね・・・わたしべつにゴジラ好きでも鉄オタでも特撮オタでもないただの健全な茶の間なんですけど、映像から伝わってくる圧倒的な熱量がとってもすてきで、そのすてきな世界がうやらましくて、だからずっと眺めてたいんだとおもう。あくまでもわたしはこの世界を覗いてるだけの傍観者でしかなくて、この人たちが生きてる世界はわたしの住んでる世界とはべつものだってすごく思い知らされる。怒涛のような長セリフは書き出したくなるし、それを諳んじてみたくなる。一番泣けるのは、デッドラインぎりぎりでヤシオリ作戦が成功して、その陰で臨時総理大臣がずっとフランス大使に頭を下げえてくれてたっていう場面。頭を下げるという、仕事。すごいなぁ。

*1:わたしはtheMovieのあのおんぼろの扇風機をぶんぶん言わせる長屋の中でパソコンを駆使し、さらには外にロボットがいるっていう世界観が猛烈にだいすきで。

「THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY」

2017年上半期ブレイクナンバーワン俳優の出演映画を都会で観てきました。

ビビッドな映像と明滅するライトとポップな音楽の洪水に存分に揉まれてきました。ひどく、疲弊した。

numero.jp

見せたいものとか伝えたいものとかここで高橋一生くんが存在する意味とかはわかるんだけど、なんていうかものすごく雑だなーっておもった。*1いや、高橋一生くんのどこか異質な存在感は抜群で、きっとそのための起用なんだろうしそれは大成功だったとおもうんだけど、カイトがどんなふうに生きてきて、なにを想っていて、そしてなにを抱えたまま夜空にダイブしたんだろう、もしくはなにも抱えていなかったのか。とか。そういうことを想像するには抜群だったんだけど、たとえば有名な写真家であることとか、見世物小屋サーカスというキーワードとかがすこし出来すぎというか嘘っぽくてキレイゴトすぎて、だから人間味もなかったというかこの世は彼にとって生きづらい世界だったんだろうかとか、アキの存在は彼にとって救いをもたらしたのかもたらさなかったのかもしくは彼に救いは必要なかったのかとか堂々巡りの思考に疲労困憊する。

文句なしに良かったのがブッチでした!お顔もよくわからなくて、でも若い役者さんだろうなーっておもてたら、古畑新之くんは高橋一生くんとおなじ事務所で「グ・ラ・メ!」で共演してたんだなんて!!!得体のしれない不思議な存在にじゅうぶん説得力を持たせていたのがすごかったし、その圧倒的なビジュアルに負けないお芝居がすばらしかった!反芻したくなるセリフをたくさん言ってた。とっても良かった。

まったくの予備知識なしで行ったのですが、アキの髪色(というか髪型)は気になってたー。あの赤髪は何バージョンなんだろう。女優バージョンのワンサイドはきっと理想の虚構。「HAMLET」はタカラヅカで履修済みなの生きるべきか死ぬべきかは無問題。*2

f:id:piroco165:20171111234108j:plainf:id:piroco165:20171111234123j:plain

f:id:piroco165:20171111234140j:plainf:id:piroco165:20171111234211j:plain

f:id:piroco165:20171111234233j:plain

Numeroのインタビューの中で、大ブレイクしてることについて「浮足立たないように言い聞かせてる、自分の中では何も変わっていないってことをこの(ブレイクという)流れの合間で再確認してる」って言われてることにドキっとする。変わらないわけないだろうに、変わらないであろうとしてくれてることに感謝するし、その想いを尊敬する。今はすでに余生、という言葉が胸に刺さりました。自分が満たされるためにお芝居をするんじゃなくて、という意味での余生。なるほど、カイトもそう思って、夜空にダイブしたのかな、ってちょっと、納得した。

*1:撮影は二日間だけだったっていうのがほんとにさぁ。

*2:そういえばトリエちゃんの未来世紀シェイクスピアのが先だった。

ポス彼2018

 今年のポスカレ画像出ましたーーー。

shop.tca-pictures.net

ありがたいことにオンラインではとしゆりちゃん揃ってSOLD OUTです!低く見積もられてることにオラオラ言いたくなるけど(モンペ)期待を裏切って上回ってくるのさすがだし自慢だし誇らしいです。 

f:id:piroco165:20171104222842p:plainf:id:piroco165:20171104222918p:plain

去年と並べるといい具合にBLACK&WHITEです。今のとし子センパイがぎゅっと凝縮されててすばらしいです。ポスカレほんとにすばらしいしコスパさいこうだし、裏面は何が来るのかな????って発売日までワクワクが持続する仕様なのも憎らしい。去年は至高のビジュアルであった長政さまとおもわせてのティボルトだったので、最後までとし子センパイから目が離せません!!!

fineartamerica.com

モノトーンのとし子センパイのうしろのカラフルな世界地図がとてもすてきでした。