茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

ドラマスペシャル「事件救命医 IMATの奇跡」

ぼんやりとした設定しか知らずに視聴したのですが、てっきり玉木宏とその仲間たちが力を合わせて救命活動に勤しむ感動の医療ドラマだとばかり思ってました・・・全然違った・・・同じ事件で同じように父親を亡くした息子が、トラウマを抱えつつそれぞれ医者・刑事という別の道に進み、ある現場で邂逅するという、まあそれは確かに奇跡だよね、みたいな。

玉木宏がまさかの被疑者の息子だという最後のオチにはまんまとびっくりさせられましたが、これは連ドラ展開ありきってことですよね?

まさかこんなところで中途半端に終わらせませんよね?

心に屈託を抱え込みまくって笑顔を見せない田中圭ちゃんが、もう愛しくて愛しくて、まるっと抱きしめたくなる衝動と戦っておりました。

笑顔のないキャラクタといえば岩月くんもそうだったんだけど、同じ刑事役とはいえ、まるで別物のキャラクタを見せてくれてその抱えてるものの大きさとか重さに、共感しまくりで、ああ、この人にはわたしがついていてあげなくちゃいけないわ、だいじょうぶ、あなたは一人じゃないから、わたしがそばにいるから・・・っ!というテンションでした。疲れた。

しかしながら玉木宏との対立がまことに美しかったです。

長身のふたりが、睨み合いながら立つ姿は眼福で、見栄えのよい並びに存分に悶えましたありがとう。