茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

五十嵐隼士引退に寄せて

あんまり想像してたよりもショックが少なくて、わたしの中の彼の存在というのはそういうものだったのかな・・・とそのことにちょっとショックなんですけれども、さて、当日の現場では引退後の進退が発表されたようで、大方の予想通り実家の家業を継ぐという、彼はやっぱりいろいろ甘かったのかな、というのが感想です。

彼が、というより、ママが、もう諦めちゃったのかな。

 

昔のブログ見てたら、ドラマ「三代目明智小五郎」のゲスト出演回の感想の中で、彼をうたわせた人たちに大いに笑わせてもらったんだけど、「元D-BOYSみたいな感じ、って将来言われるといいと思うよ!!」とか言うててあわわわってなりました。わたしのブログ、デスブログなんかじゃないよ!