茶の間でおま。

本とかテレビとか宝塚とか。

る・フェア2013「年末だよ!みんな集合!!」

大阪公演行ってきましたー。

二階席だというのに双眼鏡わすれてしまったへっぽこです・・・(シダの時も忘れた)(最近双眼鏡の存在を忘れがち)(反省)予習もしていなかったうえにそんな調子なので、誰が誰だかさっぱりわかんなくって幕間に慌ててパンフレット買いに走りました。

それでも、あれがウソ山くんかなぁ、って思った頼朝とか、あれは平野良くんだろwwwwwwwwwwっていうのが悉くその通りだったのでわたしえらいwwwwwww(ドヤァ)でもタッキーの後白河法皇は全然わからんかったwごめんwww(安定のタッキースルーですまん)

る・フェアがいったいなんであるのかわからんまま現場に出てしまったのですが(そして未だによくわかっていない)テレビであんまり見かけない若手俳優たちが大勢集まって忘年会の余興的なものを繰り広げるイベント、という把握の仕方でよろしいか。

だってお芝居の中で歌って踊るとかほんまにびっくりしたし!!なんじゃこりゃああああああああああああ!!!!ってそのノリについていくのにいささか時間が必要でした・・・

 

これはキャストに贔屓がいないと厳しい演目ですね、って贔屓のいない人は見に来ないですね^^ええ、わたしはあっちゃんが目当てだったのでそれでよかったんですけど、若手ワラワラコンテンツだとどうしてもその間柄にまで萌えを見い出してしまいがち(というかそれこそが重要?)なんだけど、男士しか知らないわたしには無理ゲーでした・・・

あと、政子にぶっちゅうううううーってされるウソ山くんが最高におもっしょかったんだけど、オールメールの舞台でのキスシーンが美しくなくてw(いやそれが売りじゃないっていうのはわかってる)これ以外にもあるキスシーンが衝撃でした・・・その需要はわたしの中にはなかった・・・ウソ山くんのお芝居よかったよー。

義経のお話は大好きなので、予習なしでもちゃんとついていけたのでよかったです。

男士と一緒で、歴史上の人物の名前をくん付けで呼ぶことの違和感なwww(弁慶はキャラ上言えなくて「義経様くん」とかトンチキなこと言わされてたけど)

自分たちを担ごうとする周囲の人間たちの思惑に振り回され、兄弟間で引き裂かれてしまう義経の、彼の兄を想うきもちがとても切なくて、義経のことを信じたいんだけどそうはいかない状況になってしまうこの運命の悪戯がほんとにもどかしくて、知ってはいてもその運命に涙してしまう。

兄の方が神輿としての自覚がちゃんとあったってことだよね。義経は、弱い人間でした。

弁慶のあっちゃんは、勧進帳と最期の立往生が見せ場。

特に勧進帳の場面の面目躍如たるや。

あそこにチケ代全部。

クレジット詐欺にもほどがあるのではと見る前からケンカ腰だったわたしですが、あっちゃんにアイドル業務してほしいとか全然思ってないし、これくらいの「特別出演」もしくは「友情出演」がつくような別格っぷりが潔かったです。ショーにも出なかったしね!

つか、あのショーはなんなんすか・・・(まめい)

わたしの知らない世界すぎました。

アウェー感が尋常じゃなかったです。

御曹司は見目麗しく、ウソ山くんが散々キザるのも楽しく、歌って踊れる成実くんもイキイキしてて、彼はお芝居の方でも割と自由に飛んだり跳ねたりわたしの知ってる成実くんの姿を存分に見せてくれてとてえも満足しました。

あとはピロシ?彼の存在が謎なんだけど、舞台慣れしてて、セリフ回しにもアドリブにも余裕があって見てて楽しかった。

弁慶との出会いであっちゃんに対する無茶ブリとかも愛しいwww頑張るあっちゃんが愛しいwwwwww

で、ショーなんですけど、最後らへんでしょきがかりの二人と禿の一人とタッキーが二階席にまでやってきてくれて大いに盛り上げてくれました。

きゃー!タッキー!!!(ミーハー)

暑そうなお衣装いっぱい着込んでたのにあんまり汗もかいてなくて、すっごい爽やかな笑顔で客席に満開の笑顔を咲かせていました。素晴らしいアイドル業務っぷり。

ライブ中継でも流れたようだけど、二階席にめいっぱいサービスしてくれて、緞帳降りるのに間に合わずw一人幕の外に出されるというwwwおいしいところは全部持ってったタッキーでありました。はー、顔小さくてきれいだったー、眼福眼福。

おかげさまでよい年を越せました。

初めての生あっちゃんがこれでよかったのかという疑問は残りますが、ちゃんと会えてよかったです。これで一段落ついたかな。